「それちょうだい」今日からみんな銀杏好き!人気の銀杏レシピ

公開日:  最終更新日:2020/11/05

実りの秋の代表的な木の実の銀杏。独特な匂いと味で好き嫌いはありますが、料理にも使えて体にもいい実の一つです。主に銀杏は炒って食べるのが主流ですが、最近では電子レンジで簡単に調理できます。

料理でいうと茶碗蒸しに入っているイメージが強いですが、他の料理のアクセントとしても活用できることから人気が出てきています。そんな銀杏がついつい食べたくなるレシピを、いくつか紹介したいと思います。

処理に手間が掛かると嫌煙しがちな銀杏ですが体にいい秋の味覚なので、参考にして食べてもらえると嬉しいです。料理に使えて実りの秋を感じることができる銀杏は昔から親しまれている日本を代表する木の実でもありますので、美味しく食べて楽しんでほしいです。

まずは煙たがる前に予備知識、銀杏の驚くべき栄養価

銀杏は食べるまでに手間がかかり手軽に食べられないイメージが強いので煙たがられてしまう食材でもあります。

ですが煙たがる前に銀杏の驚くべき成分を知ってどう体にいい食材なのかを知ってほしいと思います。

銀杏おの栄養素は脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、鉄分など多くの成分を含んでいます。中国では昔からスタミナ食としてよく食べられていたそうです。

銀杏の効果は日本人にはありがたいもので、疲労回復、肩こり、イライラの解消などストレスの多い人にはおすすめの食材です。

余分な塩分を外に出す働きもあるのでむくみや高血圧などにも効果が現れるようです。昔から良薬口に苦しとよく言われますが、銀杏の独特な苦味は体にいい成分が含まれている証拠なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

ですが栄養がたくさんあるからと大量に食べると中毒症状を引き起こす事があるので注意が必要です。

特に小さいお子さんにはたくさん食べさせないようにしてください。大人でも40個食べると症状が出た例もあるのでその点だけは気をつけてください。

銀杏は日持ちするので何日かに分けて少しづつ食べるようにすると程よく栄養もとれるのでおすすめです。

まずはお手軽に!フライパンを使った銀杏のレシピ

簡単に銀杏の栄養について説明をしましたが、いざ食べるとなるとどう処理したらよいのか知らない人もいますよね。

基本的に銀杏は昔からフライパンで炒る方法で食べられて来ました。ではどんなレシピがあるのかを少し紹介しますね。

一番手軽に食べられるのはただ炒って塩をつけて食べる事です。やり方としてはまず買ってきた銀杏にペンチやキッチンばさみなどでヒビを入れます。

そのあとフライパンで炒るだけの方法です。炒っていくと殻にこんがり焼き目がつくので香ばしい臭いがすれば出来上がりです。

炒る前にヒビを入れていれているので食べる前の殻むきは簡単です。殻を剥いたら薄皮を越すって剥がして塩をつけて食べると銀杏特有の苦味が穏和されて美味しく食べる事ができます。

いる前に殻を向く方法もありますが、殻を剥きながら食べるのが秋をより感じながら食べられます。次々食べられないのでゆっくり銀杏を味わえます。

まとめ

秋の風物詩の銀杏をフライパンで手軽に食べられるレシピを少しですが紹介してみました。食べるにも面倒くさそうで食べようという気になれなかった人もフライパンでいるだけでいいので是非食べてみてほしいです。

殻を剥きながら食べるのも銀杏の楽しみ方の一つとして捉えてもらってより秋の恵みを感じてもらいたいです。

食べ残った銀杏は茶碗蒸しなどの料理にも使えるので楽しみ方はたくさんあります。実りの秋というほど秋はたくさんの食べ物が旬を迎えて美味しく食べれる季節なのでそのレパートリーをこの機会に増やしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑