小慣れた感だそう!!鮭のムニエルの簡単な作り方

公開日:  最終更新日:2020/11/07

秋になるとたくさん目にするようになる魚の一つが鮭ですよね。一年を通してよく食べられている魚ですが旬は秋から冬なので秋になるとよく目にするようになります。

鮭といえば塩焼きが定番メニューですが実はいろいろな料理に使える魚でもあるんです。洋風でおしゃれなメニューにもなりますし、中華でインパクトのある料理にもなります。

そんな鮭を慣れた感じで手軽に料理できるとかっこいいと思われること間違いなしです。そこで鮭を使った定番メニューでもあるムニエルの簡単な作り方について紹介してみたいと思います。

ムニエルと聞くとお洒落な料理というイメージなので構えてしまいがちですが、とっても簡単に作れちゃうのでおすすめなメニューです。

自分のアレンジを取り入れやすいメニューでもあるので色々工夫をして自分だけのレシピを作るのも楽しくていいですよ。

え?これなら毎日作っちゃう!鮭のムニエルの時短レシピ

ムニエルと聞くとフランス料理を思い浮かべますよね。そのため手間がかかった料理を連想してしまいます。

実はムニエルはそんなに難しくない料理で誰でも簡単に作れるんですが、作ったことがなければ名前だけで断念してしまいますよね。(笑)

外側はカリッと中はふっくら焼かなくてはいけない工程がどうやるの?と考えてしまいますが、誰にでもすぐ出来てしまうレシピを紹介します。

まずは鮭の切り身を用意します。その鮭に片栗粉をまぶしていきます。この時、まんべんなく片栗粉を付けるように気を付けてくださいね。

フライパンにバターを入れてバターが溶けたら鮭を入れて焼きます。強火で焼くと焦げてしまうので中火までにしておくと失敗しませんよ。

スポンサードリンク

両面を焼き色がつくまで焼いていきます。焼き色がついたら弱火にして蓋をします。そのまま2分程蒸し焼きにすれば出来上がりです。

作業はたったこれだけです。後はお好みのソースを鮭にかければいいだけなので簡単にお洒落なメニューが作れちゃいます。

洋風、和風といろいろな味に合う鮭なのでソースを変えるだけで色々なムニエルを楽しめます。

考えるのが楽しくなっちゃう!!鮭のムニエルの付け合わせの提案

鮭のムニエルが簡単に出来ると付け合わせに手をかける事が出来ますよね。温野菜を添えるのもいいですし、キノコを付け合わせてみるのもいいです。

気分に合わせて付け合わせを変えると又違った料理になるので作りながら楽しめます。ソースも自分で作る事が出来るのでレパートリーも増えて誰かにごちそうしても恥ずかしくない逸品といえます。

一般的に歯タルタルソースをかける家庭が多いようですが、フランス料理風にワイン風味のソースなんかもおすすめです。

お子さんがいればトマトをベースにしたソースで野菜と一緒に盛り付ければ野菜も食べてくれるので助かります。

記念日の一品としても活躍してくれるメニューなので大きめのお皿に盛り付けブロッコリー、ニンジンを添えて赤ワインソースで彩ればフランス料理風に見えます。

こんな感じで自分なりのアレンジを楽しめるメニューなので考えるだけでも楽しくなってきます。色々試してみて自分なりの鮭のムニエルを考案してみてください。

まとめ

鮭のムニエルの簡単なレシピなどを紹介してみました。とても簡単に作れるので料理初心者の人でも簡単に作れて手慣れた感じにも見られるので高感度もアップしますよ。

お皿に盛り付ける時のセンスは必要になってきますが、分からなければ雑誌やサイトなどの画像を参考にして盛り付けてみてください。 やっていくうちに盛り付けのセンスも出て来て他のメニューにもチャレンジしやすくなりますよ。難しく考えてしまうと失敗のもとなので楽しみながら作る事を心がけてみてください

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑