ダイエットに効果アリ!女性でも簡単にチャレンジできるスクワット運動とは

公開日: 

ヒップアップ・脚痩せ効果のあると言われているスクワット運動。

スクワット運動は道具を使わずに行うことが可能です。

スクワット運動では太ももとお尻の筋肉を使っていきます。

この2つの筋肉は大きな筋肉であり動かしていくことで、代謝が向上します。

そのため、代謝が向上することで脂肪を燃焼しやすい体を作ることが出来ます。

スポンサードリンク
.

つまり、痩せやすいからだ作りができてしまうのです!!

自宅で簡単☆女性でも負担なくできるスクワットの基本のやり方

では、早速ですがスクワットの基本を行っていきましょう。

①足の間隔を肩幅2つ分くらいに開き、つま先の向きは少し外側に向けます。

 手は後ろで組むか、前に伸ばす状態で行っていきます。

②膝がつま先より前に出ないように注意し、空気椅子に座るようにお尻を

 さげていきす。

 姿勢は胸を張り、背筋を伸ばすことを意識します。

 ※お尻を下げれば下げるほど効果絶大です!!

 また、お尻を下げたところで1秒程度Keepするとより効果があります。

 ①・②を繰り返し30回程度行っていきましょう。

☆運動するポイントとして

 ・常に踵に重心をおいたまま行うこと

 ・膝を曲げた際に膝が内側に入らないように注意!

  →膝へのストレスがかかり、継続すると膝に痛みが出る可能性があります。

スポンサードリンク

  →息を止めて行うと血圧が上昇する可能性があるため、忘れずに行いましょう。

 ・お尻と太ももの筋肉を使っていることを意識すること

ダイエット効果が期待できるスクワットのやり方3選

 基本スクワットのアレンジを紹介していきます。

1.シングルレッグスクワット

 段差や階段などに片足を乗せて行うスクワットになります。

 脚に体重を乗せることで、足への負荷が高まります。

短期間で脚痩せ効果を実現されることが出来ます!

方法:

 ①後ろ向きで膝くらいの高さの段差や階段の前に立ちます。

  段差と足の距離は足の長さになるようにし、段差に片足を乗せます。

 ②段差に乗せていない片足を曲げていきます。

  ※このとき、段差に乗せた足の力を抜くことが大切です。

  ①・②を繰り返し15回×3セット行っていきましょう。

2.ジャンピングスクワット

 ジャンプを取り入れることで、腹筋を使っていくのでおなか周りのダイエットに効果的です。

方法:

 ①足の間隔を肩幅2つ分くらいに開き、つま先の向きは少し外側に向けます。

  手は後ろで組むか、前に伸ばす状態で行っていきます。

 ②膝がつま先より前に出ないように注意し、空気椅子に座るようにお尻を下げていきます。

 ③お尻を下げた状態からジャンプし、着地したらそのまま腰を落とします。

 ①・②・③を繰り返し10回×3セット行っていきましょう。

3.スプリットスクワット

 基本スクワットが慣れてきた方におススメ。

方法:

 ①両足を前後で開きます。胸を貼って、背筋を伸ばします。

 ②一歩前に出した脚の膝を曲げて、体を下ろしていきます。

 ③太ももと地面が平行になったら、その姿勢を1秒程度Keepします。

  その後、ゆっくり元の姿勢に戻していきます。

  ※前後に開いた脚の幅を大きくすると小尻効果が高まります。

 ①・②・③を繰り返し15回×3セット行っていきましょう。

毎日継続してスクワットを行い、美しい体を目指していきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑