白い舌 舌色で解る体の調子

公開日: 

最近、食べ物の味が変わった?
口の中がおかしい?とか思ったことないですか?

鏡を見ると舌が白くなっている。

これは体の変調サインです。

スポンサードリンク
.
  

白い舌の正体

健康な舌は薄いピンク色をしています。
舌の表面は皮膚と同じように古い細胞は死に
新しい細胞と入れ替わります。

つまり、舌に張り付いた垢が舌を白く見せるのです。

通常、できた垢は物を食べるとき摩擦によって
こそぎ取られ唾液によって洗い流されてしまいます。

しかし、舌には乳頭と呼ばれるでこぼこがあり
体調不良により乳頭大きくなってしまうことがあります。

普通なら執れてしまう垢がその谷間に引っかかり
溜まってしまった物が白く見えるのです。

調子が悪いとき舌がざらざらする感じがするのも
同じ要因かもしれません。

スポンサードリンク

どうして舌が白くなるのか

では、どうして乳頭がそだつのでしょうか?

実は胃腸の働きと密接な関係があります。

胃腸が炎症等で損なわれると体は治癒するため
細胞を作りあげます。

胃腸と同じ粘膜である舌の粘膜も活性化され
乳頭も育ってしまうのです。

粘膜の新陳代謝も活発になり垢も沢山
できてしまうため舌が白くなってしまうのです。

胃の疲れや慢性的な炎症などでも白くなります。

舌から解るその他の不調

そのほかにも舌は体内の血流の様子が解る臓器と
いわれています。

ピンク色が薄くなっているときは栄養不足や鉄分不足
等の症状が疑われます。

過度のダイエット等で栄養不足のとき、または
貧血等でこのような色の舌になることもあります。

反対に濃い赤い色、または黒ずんだ赤く見える場合
どろどろ血など、血流が悪くなっている事があるため
脳溢血、心筋梗塞など血流障害による病気に気をつけてください

まとめ

体調不良のサインが如実に表れる「舌」

気になるような事があれば医者へ行きましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑