ダイエットの強〜い味方? 低カロリーな「フェイクミート」

公開日: 

まるでお肉?

身近になってきた「フェイクミート」を

街の人に評価してもらったら…

ダイエット中だけど、

唐揚げが食べたい…ハンバーグが食べたい…

そんな誘惑にかられたことありませんか?
そんな方に注目してもらいたい低カロリーの食材が

「フェイクミート」です。

フェイクミートとは?

ズバリ、大豆のことです。

大豆は肉じゃないじゃん!と言われそうですね(笑)

その通りです。

もちろん、ただの大豆ではなく、

肉料理のように加工されたものが

「フェイクミート」と呼ばれています。

肉の代わりに大豆で仕上げられているので、

低カロリーなのに、高タンパクなのが魅力なんですよ。

スポンサードリンク
.

でも、しょせんは大豆でしょ?

実際に食べるとなると気になるのが、その再現度。

そこで、工夫されているのが「食感」。

再現する料理別に大きさを変えることで、

本物さながらの食感を生み出しているのだとか。

例えば、ハンバーグに使われているフェイクミートの大きさは、

1つが約4.3cmと通常よりもかなり大きめのものが使われています。

大きく加工することで、ぎゅっと詰まった肉を噛んだときの食感が

再現されるように工夫されているのだそうです。

同じように、味付けにも肉に近づけるための工夫がされています。

スポンサードリンク

ハンバーグの場合、大豆の香りをソースで抑えることによって、

「肉を食べている」と勘違いするような味わいを生み出すなど、

本物に近づけるための努力が詰まっているのです。


ダイエットにピッタリ?

通常のハンバーグとフェイクミートで作ったハンバーグを比べると、

カロリーと脂質は確かに抑えられます。

ただ、脂質はタンパク質・炭水化物と共に三大栄養素に数えられ、

エネルギーの元となる大切な栄養素です。

また、大豆から摂れるタンパク質は植物性。

お肉を再現していると言っても、

お肉に含まれる動物性タンパク質や必須アミノ酸など、

体に必要な栄養素を摂ることは出来ません。

やっぱり大切なのはバランス!

「医師から食事制限を受けている方」や

「アレルギーがあるけど、肉を味わいたい方」には

フェイクミートほど、うってつけのものはないでしょう。
しかし、ダイエット中の方は、フェイクミートだけでなく、

肉も食べるべきだと思います。

カロリーだけでなく、何でも摂り過ぎは良くないですが、

全く摂らないのも問題です。

痩せたいがあまり、過度に食事制限をして、

結局リバウンドしてしまったり、体調を崩したりしてしまっては

元も子もありません。

まとめ

『健康的に』痩せるためには、様々な栄養素をバランスよく摂り、

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことが大切です。

カロリーを抑えるために、フェイクミートだけに頼るのではなく、

ヘルシーなササミやお魚を摂るように心がけたり、

カロリーを摂り過ぎた分は運動をしたりして消費しましょう。 バランスを意識して健康的にダイエットを成功

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑