柿の効能を全面に感じよう!便秘なあなたに送りたい効果的な柿の取り方

公開日: 

秋の味覚の一つでもある柿ですが果物感覚で手軽に食べられていますよね。そんな柿には昔から色々な効能があると親しまれていました。

そんな柿は体にいい成分を多く含んでいて栄養価の高い秋ならではの果物です。昔は庭に柿の木があり自分で取ってそのままかぶりついている光景をよく目にしました。

それほど柿は日本人にはなじみの深い果物なのですが、体にいいと聞いてもどんな効果があるか知らない方は多いと思います。

そこで柿の効能と効果的な取り方について少しですが紹介してみたいと思います。特に女性にはありがたい効能があるので是非取り入れて活用して頂けると嬉しく思います。

スポンサードリンク
.

飲むだけでOK.柿の酢の効果とは

体にいい成分が豊富な柿ですが、そのまま食べたりするイメージしかないですよね。昔の人はその柿を使って酢を作るって色々な料理に使っていたんだそうです。

なので農家には必ずといっていいほど自作の柿酢があったんだそうです。柿で酢を作ると聞くと難しく感じてしまいますが作り方はいたってシンプルで初心者の人でも作れてしまうんです。

この柿酢には「高血圧」「肥満防止」「血行促進」「脳卒中予防」などに効果があり便秘にも効果が期待されています。女性にはとても嬉しい「老化防止」にも効果があるようで、取り入れたい食材の一つです。

柿酢は料理にも使えますがそのまま飲むだけでも十分効果が得られるので手軽に取り入れる事か出来ます。血行が良くなることで便秘以外にも代謝が良くなり疲れを感じなくなるなども期待出来るので健康に気を使っているなら是非試してみてほしいと思います。

スポンサードリンク

料理のアクセントにしたいあなたに!柿の葉の効能

酢の物などお酢料理に柿酢を使うとコクのある味になっていつもの酢の物とは違った味を味わえます。ですが柿は実だけではなく葉っぱにも色々な効能があり昔からよく使われていたんです。

柿の葉は主にお茶として煎じて飲まれています。柿の葉には人間の体に必要な栄養素が多く含まれていて、昔から漢方にも使われているほど親しまれています。

期待されている効能は「免疫力を高める」「美肌・美白効果」「血圧調整」「声血圧予防」などでニキビや肌荒れが気になる方には特におすすめです。

お茶以外にも柿の葉寿司や天ぷらにする事も出来るのでいつもの料理のアクセントとして使うことも出来ます。食後に柿の葉茶を飲む方法でもいいですし、天ぷらにしてカリッとした食感を楽しむのもいいですよ。

見過ごされてしまいがちな柿の葉ですが昔から「柿が赤くなると医者いらず」と言われるほど日本人には体にいいとされてきた食物で、実だけではなく葉も生活に欠かせない物でした。

いつもの食事にちょっとしたアクセントで柿を取り入れて健康になれるならこんないい事はないですよね。

まとめ

柿についての効能やおすすめの取り入れ方などを簡単ですが紹介してみました。秋になると柿はたくさん目にするようになりますが、柿酢や柿の葉茶は一年を通して取り入れる事が出来るので、とてもおすすめです。

柿が苦手な人でも酢の物に柿酢を使えば気にせず美味しく食べれるので、ひと工夫すれば手軽に食べれます。葉っぱもお茶として飲めるので手軽に楽しめます。

又柿の葉湯としてお風呂で使う事も出来るので肌の弱い人や冷え性の人などにはお風呂に入れる事もおすすめします。乾燥肌にも効果が得られるので冬は特に柿の葉を活用するといいと思います。

色々な方法で柿の効果を活用して健康な体作りの為にも参考にして頂ければとても嬉しいですし、特に女性におすすめなので是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑