第2次キャンプブーム ヒートアップするアウトドア市場

公開日:  最終更新日:2019/06/30

昨今は第2次キャンプブームなんだそうですね。

その為、アウトドア用品が売れており、

様々な業界がアウトドア市場に参入しているそうです。

例えば「ワークマン」。

ワークマンとは屋外作業の仕事している方々の

仕事道具を売っている店というイメージがあったんですが、

昨年「WORKMAN Plus」という

家族連れや女性をターゲットにした店舗を新たにオープン。

アウトドアグッズを取り扱い、人気が出ているそうですね。

家電量販店の「ヨドバシカメラ」も

通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で

アウトドア用品の品ぞろえを強化しているそうです。

ヨドバシカメラも名前だけ聞くと「カメラ屋さん?」と思うし、

店舗に行ってみると家電量販店で「キタムラカメラ」とは全然違うし、

もうなんのこっちゃ分かんないですよね。

スポンサードリンク
.

キャンプブームの理由はどこにある?

私ももともとキャンプには全く興味がなかったんですが、

最近キャンプ用品をちょくちょく購入しているんです。

その理由は「Youtube」です。

Youtubeでキャンプ動画を見ると

「キャンプって面白そうだな」って思いますし、

芸能人のヒロシさんの「ソロキャンプ」の動画を見ると

スポンサードリンク

「一人でもいいんだ」って思って新鮮な感じがしますよね。

もう一つは「車中泊」です。

これもYoutube の動画でいろいろアップされているんですが、

これも「面白そうだな」って思って、始めたりしています。

私みたいにそれまでキャンプやアウトドアに

全く興味がなかった人たちがネット動画を見て興味を持つ。

そういった流れでブームが起こっているのかなと思います。

いろいろなアウトドアの形態が需要の増加に

キャンプと言えば、テントの中で寝袋で寝る、

食事は飯盒でご飯を炊いたりBBQをするといったような、

キャンプに関する固定観念がありました。

しかし、YouTubeのキャンプ動画で紹介されるのは、

車の中で寝る、食事はコンビニで買って温めるといったような、

以前とは違う形態です。

そういった様々な形態のキャンプが動画で知れ渡ったのも

キャンプの需要増加に繋がったと思います。

「ああ、そんな簡単でいいんだ」

というような手軽なアウトドアスタイルでも、

「ランタンは使おう」とか「食器はアウトドアグッズで」

というような形から入る人もいますので、

幅広い層にアウトドア用品の需要が広がったんじゃないかなと思います。

まとめ

僕はキャンプで使うようなチタンの食器が好きで

買いたいなあといろいろ探している最中です。

消費者の観点から言えば、

便利でオシャレな商品がたくさん出てきてほしいので、

このブームはうれしいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑