フェイクミート」注目食事のカロリーとおいしさの秘密

公開日:  最終更新日:2019/06/20

「フェイクミート」。

見た目や食感もまるで肉だが、肉ではない。

近年注目されている食材がフェイクミートです。

肉のようで、肉じゃない。

ではフェイクイートは何からできているのかというと、大豆です。

フェイクミートを使ったハンバーグとサラダをご飯で食べたら、

実際に食べているのはすべて野菜

でも、感覚的にはハンバーグとサラダ。

健康を考えると夢のような食材が

高たんぱく、低カロリーのフェイクミートです。

気になるカロリーは

普通のハンバーグだと256キロカロリーですが、

大塚食品のフェイクミートのレトルトハンバーグ、

「ゼロミート」だと約4分の3の189キロカロリーなんだそうです。

我が家もたまに豆腐で作ったハンバーグが

食卓に出るときがありますが、

やっぱり家庭の料理には限界がありますよね。

一口食べた瞬間に肉じゃないことはすぐに分かります。

でも、この「ゼロミート」どこからどう見ても、

また食べても「肉」そのもの。やっぱり日本の技術はすごいですね。

スポンサードリンク
.

「フェイクミート」の将来性

フェイクミートは

ヘルシー、健康的だということが利点としてあげられますが、

スポンサードリンク

フェイクミートのメリットはそれだけではありません。

お肉として食べている鳥、豚、牛が大きくなるためには

大量のエサが必要です。

したがって、将来起こるかもしれない食糧不足を、

より良い環境で乗り越えられる可能性を秘めていると言えます。

今後、フェイクミートはコスト面でも改良されてくると思います。

ますます重要な食材になるかもしれませんね。

「フェイクミート」の工夫

フェイクミートは日々進歩を遂げています。

フェイクミートのおいしさの秘密は2種類の大豆です。

普通の大きさの大豆に加えて、

大きな大豆を混ぜていることがフェイクミートの特徴なんです。

大きい大豆はのサイズは4.3センチ

普段目にする大豆はだいたい1センチくらいなので、

約4~5倍の大きさなんです。

この大豆が肉を噛みちぎる時の食感を再現しているのだそうです。

もっともっと改良を重ねていって

霜降り肉のようなフェイクミートやしゃぶしゃぶ用、

焼肉用のフェイクミートなんてものも出てきたらびっくりしますね。

まとめ

歳を重ねるとカロリー制限をしたり、

健康上痩せないといけなかったりと

身体のことを気にしないといけなくなりますよね。

でも、肉を食べたいのに我慢して

野菜ばっかり食べているのもツライです。

そんな状況を解決してくれるのがフェイクミート。

もっともっと改良されて、

健康にいい「肉」を食べれるようになってほしいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑