ハイブリッド車でもそれほど燃費が良くない国産車6選

公開日: 

『ハイブリッド車=燃費がいい』

と思われているかもしれませんが、

どの車もそうだとは限りません。

ハイブリッド車が出始めの時は

プリウスのイメージが

ハイブリッド車そのもののイメージでしたので、

ハイブリッド車は燃費がいいものだと思いがちでしたが、

最近ではいろいろな車種のハイブリッドが出てきたので、

ハイブリッド車そのものの価値観も変わってきています。

ハイブリッド車でも思ったほど伸びない車種6選

というニュースがありましたので、

その内容を紹介したいと思います。

1)トヨタ・ヴェルファイアHV(11.98km/L)

2)トヨタ・エスティマHV(12.06km/L)

3)スバル・フォレスターHV(12.44km/L)

4)スバルXV(12.52km/L)

5)日産エクストレイルHV(13.52km/L)

6)トヨタ・ハリアーHV(14・32km/L)

これらがハイブリッドなのに燃費が良くない車たち

ということでしたが、これらの車種を見てどう思いますか?

スポンサードリンク
.

これらの車を見て思うことは

まず、これらの車種を見て思うのは

「そもそも燃費を重視して買う車ではない」

ということですよね。

そりゃ燃費がいい車を買おうと思ったら、

スポンサードリンク

ヴェルファイアやエスティマのような重たい車は選びませんよね。

ですので、プリウスやアクアのような車種ならいざ知らず、

こういった車を燃費が悪いというくくりにしてしまうのも

いかがなものか…。と思いますね。

私は燃費や維持費を気にして普段一人で運転するときは

ミライースに乗ってますが、それに勝るものはありませんね。

ハイブリッド車燃費以外の利点

ハイブリッド車の利点はやはり静かということと、

非常時に1500Wの電源が使えるということでしょう。

これはガソリン車にはできません。

そしてそもそもエコカーですので、

排出ガスが少ないということは

地球全体でも大きなメリットとなるでしょうし、

それが一番大切な点ですね。

そもそもプリウスとアクアは

ハイブリッド車=燃費がいいという図式は

アクアやプリウスの影響が大きいのは言うまでもありませんが、

アクアやプリウスの燃費の良さは

モーターがハイブリッドであること

だけではないっていうのは知ってますか?

実際には車体の「軽さ」が重要なんです。

車体にカーボンなど軽量素材を使い、

徹底的に軽量化をしているからこそあの燃費が出せるんですね。

まとめ

最近ではハイブリッド車や電気自動車の普及が進んできて、

電気自動車の充電スポットもいろいろなところで

目にするようになりました。

個人的にはもう少しガソリン車と比べて

安価なハイブリッド車が出てきてほしいと思いますし、

もう少し良質な電池を積んだ、

電気自動車が出てきてくれないかなあと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑