非常食としてのおすすめは?お菓子やそれ以外をご紹介

公開日: 

自然災害の多い国、日本。

ここでは地震や台風、津波、大雪、洪水、土砂、火山噴火など多くの

災害に備えることが大切です。

いつなにがあるかわからないため、防災グッズをしっかりと

用意しておきましょう。

防災グッズにはたくさんの種類があります。

絆創膏や常備薬などの救急用品、ヘルメットや軍手、ライト、

携帯ラジオ、衣類、洗面用具、携帯トイレ、飲料水、食料品、

通帳や印鑑などの貴重品などもそうです。

その中でも飲料水や食料品は消費期限に気をつけて用意する必要が

あります。

いざ持っていく時に消費期限が切れていたら意味がないのです。

そんな非常食ですが、すごく進化を遂げていることはご存知でしたか?

技術が進み、長期保存可能な食品、加工品がたくさん生まれているんです。

そこで、今回はおすすめの非常食についてまとめていきます。

是非参考にしてみてくださいね。

非常食としてのおすすめは?お菓子やそれ以外をご紹介!

非常食といえば乾パンという方もいますよね。

賞味期限5年と非常に長持ちする商品です。

皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

少し水分は取られますがやや硬めのおやつのようです。

素朴な味付けなので、ぱくぱく食べてしまいます。

それ以外にも、たくさんの種類があります。

缶詰も非常食の一種です。

果物の缶詰やおつまみの入った缶詰、いわゆる「ツマカン」なども

人気ですよね。

それぞれ種類がたくさんあることや、調理の手間がないこと、

すぐに食べられることが人気の理由のようです。

ただ、中には缶切りがないと開けられないものもあるため、

注意が必要です。

それ以外にも缶詰タイプのパンや、ビスケット、グラノラ

なども人気の非常食です。

ウィダーインゼリーもそのうちの一つです。

また、あの有名なビスコも長期保存を可能にした保存缶というものを

販売しています。

揃えるのが楽しくなりそうですよね。

非常食におすすめのお菓子はスーパーで買える?!

非常食はどこに売っているのでしょうか。

スーパー、ドラッグストア、ネットなど、置いているお店はたくさん

あるでしょう。

スーパーだと普段の買い物がてら購入しやすいので、とても嬉しい

ですよね。

ただ、品揃えは場所によって、店舗の規模によって難しいものも

あるかと思います。

これが欲しい、というものがあれば、ネットで探してみると

いいでしょう。

また、近頃はコンビニで買えるものもたくさんあります。

どこにでもあると言われるほど出店数の多いコンビニでの販売。

便利になりましたよね。

場所によって売ってるものが違うかもしれないですが、

なにが売ってるかだけでもいいので、一度確認しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

大きな災害が発生した時、ガスや水道、電気、通信などのライフラインは

3日で復旧すると言われています。

非常食を用意するのであれば最低3日、出来れば余裕を持って1〜2週間分

くらい用意するといいでしょう。

購入してあった非常食を見返してみると、あれ?これいつ買ったっけ?

なんて物も出てきます。

中には期限切れの食材もあるかもしれません。

それらを防ぐために、「ローリングストック法」を意識しましょう。

ローリングストック法とは、備える、日常で使う、使った分だけ買い足す、

これら3つの手順を繰り返すことです。

レトルト食品や缶詰などの通常よりも少し多く買い置きしておき、

順次消費しながら一定の保存食を確保するすることができます。

元から買ってあるものは手前に、新たに買ったものは奥に置くように

すれば、管理も楽になるでしょう。

防災時の非常食でお菓子以外では?おすすめの種類を厳選!

非常食はお菓子以外にもたくさんあります。

実際に人気のものを見ていきましょう。

  • アルファ米

アルファ米とは、炊けたお米を乾燥させたものです。

お湯か水を注ぐだけで美味しいごはんができます。

このアルファ米の中でも「尾西のアルファ米」は5年という長期保存が

できる点や味、種類などから、とても人気です。

  • 缶パン

缶パンは缶詰パンを指しています。

その名の通り缶を開けるとパンがぎっしり詰まっているのですが、

味やボリューム、長期保存ができるという観点からこちらも大人気です。

そのパンも食パンやデニッシュパンなど様々な種類で発売されています。

  • 缶詰

缶詰はたくさんの種類が出ています。

とりめしなどのご飯がそのまま入ってるものやおつまみなどの一品物、

また、吉野家が出している牛焼肉丼のように、缶詰ながらも贅沢な

一品もあります。

  • レトルト食品

レトルトといえばカレーや丼の元などのイメージが強いですが、

有名メーカーであるカゴメ(KAGOME)から発売された野菜の

保存食セットは被災時でも健康に気を遣える一品。

もちろん味や長期保存もばっちりです。

  • えいようかん

井村屋から発売されたえいようかんは「栄養価」と「良いようかん」、

二つの意味を込めて名付けられたようです。

一本60gで171kcalと高カロリーで、カロリー補給や疲れた時の

糖分補給にもぴったりです。

賞味期限も5年と、とても安心できる商品です。

そのほかにもまだまだたくさんの商品があります。

有名なメーカーが出している商品もあり、探すだけでも楽しくなります。

買ったら一度、食べて試してみるのがおすすめですが、ついおいしくて

手が止まらず、非常食にならないといった物もあるようです。

是非色々と探してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

災害とは急に襲ってくるものです。

緊急時のために、しっかりと用意しておきましょう。

また、災害時だからと言って、いつも同じご飯と言うよりは、

色んな食べ物を食べたいですよね。

元気をつけるためにも、力をつけるためにも食事は大切です。

しっかり食べて、いざと言う時に動けるようにしておきましょう。

この記事が少しでも力になれたら嬉しいです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑