子育てのイライラ解消法2選と感情的にあたる前にストップさせる方法

公開日:  最終更新日:2020/03/21

育児中は、感情のコントロールがむずかしいですね。
自分が自分じゃないように思えるくらいに、
自分の未熟さに落ち込むことがあります。

今回のテーマは、子育てのイライラ解消法です。
「子育てのイライラ解消法2選」と
「感情的にあたる前にストップさせる方法」をお伝えします。

子育てのイライラ解消法2選!自分を客観視する方法と深呼吸の効果

(1)自分を客観視して、子育てのイライラを解消する方法

子育てのイライラを解消するために、
自分を客観視してみましょう。

自分を客観的に見ることによって、
自分の感情をコントロールできる状態を知るのがポイントです。

1日を振り返るノートを作って、
どんなときにイライラのスイッチが入ってしまうのか、
何時くらいがピークなのか、落ち着いている時間帯はいつか
を書き出してみてください。

(2)深呼吸の効果で、子育てのイライラを解消する方法

深呼吸をするとリラックスできるのは、
副交感神経が優位に立つからです。
意識的に深呼吸をすることによって、
イライラやストレスを解消することができます。

深呼吸は、次のようにやってみてください。

スポンサードリンク
  • 肺いっぱいに空気を入れるイメージで鼻から息を吸います。
  • 無理をしない程度に数秒息を止めます。
  • 「フーッ」と声にしながら息を吐きます。
  • 落ち着くまで繰り返します。

イライラする前、イライラしたあと、就寝前などにやってみてください。
アロマの香りを嗅ぎながら、深呼吸すると効果がアップします。

子育てにイライラして感情的にあたる前にストップさせる方法

子育てにイライラして感情的にあたる、
そんな場面もありますよね。
つい手をあげてしまって、落ち込むママも少なくないでしょう。

そのような状況になった時に、自分の感情をストップさせる方法を
お伝えします。やってみてほしいのは、「自分で自分を解説する方法」
です。

いざというとき、自分の感情をリアルタイムで解説してみてください。
たとえば、「今、私はまたイライラしてきました」
「どうしたのでしょうか?」「ここで、爆発してしまうのでしょうか」
という感じです。

自分で自分にツッコミを入れて、クールダウンするのがコツです。
アンガーマネジメントの「6秒間をやり過ごして冷静になる方法」の
応用ですね。
自分で自分を解説して、爆発をストップさせてあげましょう。

これにプラスして、先ほどお伝えした「自分の感情をノートに書く」
作業をしてください。
手をあげてしまう瞬間の自分を分析するのがポイントです。

体調が悪い時に手をあげてしまうことがわかれば、
体調を整えるように対処してみることもできます。

精神的な疲れが原因だとわかれば、心を休めるようにすれば、
手をあげてしまいそうな自分を止めることができます。

まとめ

もっとも注意したいのは、イライラのエスカレートです。
子どもを怒るのは「しつけのため」と正当化してしまう傾向は、
どんな人にでもあることです。

最悪なことになる前に、子育てのイライラを落ち着かせる
方法を手に入れてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑