子育てママの仕事事情!パワハラを受ける悩みと上手に両立させる方法

公開日: 

最近は、女性が子育てをしながら働くのはめずらしくありませんね。
それなのに、子育てママの仕事事情にとってはきびしい風潮が
まだまだ残って います。

今回このページでは、「パワハラを受ける悩み」
「手に両立させる方法」につい てお伝えします。
少しだけ、短時間正社員制度についても触れました。どうぞ、ご覧ください。

子育てママの仕事事情!パワハラを受ける悩みはどうするのが正解なの?

子育てママや妊娠した女性が受けやすいパワハラには、退職を強要される、
理不尽な配置転換や部署替えを受ける、降格させられるなどがあります。

経験者にとっては深刻なことです。

たとえば、子供が熱を出すたびに会社を休むことが続くと「戦力にならないからやめれば」と言われるケース。
本人が知らないうちに、会社のほうで「退職」の話が進められることもあります。

また、子育てをする女性は残業ができないからと、希望していない配属部署に変えられることもあります。
降格させられる例では、チームリーダーを降ろされる、チームに入れてもらえないなど。

心身ともに限界がくる前にできることは2通り。

1つは、パワハラを訴えることです。社内相談室では解決できないようであれば、
労働局または労働基準監督署に相談することができます。その場合は、
パワハラの記録が必要です。メモや録音などですね。

もう1つは、その職場にこだわらないことです。
「子育てをしながら働きやすい」環境を選ぶことも重要です。

その職場がすべてではないと切り替えて、社内託児所がある会社など、
子育てに理解のある職場を探すのも大事な選択になります。

スポンサードリンク

家族と話し合って、良き方向を選んでください。

子育てママの仕事事情!上手に両立させる方法を知りたい!理想の働き方は?

最近は、時短勤務、在宅勤務、子連れ出勤などの方法を取られるようになってきています。

たとえば、時短勤務はお子さんをお迎えに間に合う時間まで働くというスタイルになります。
16:00には帰らせてもらえるという感じですね。

この時短勤務については、厚生労働省の「短時間正社員制度 導入支援ナビ」に制度の詳細が掲載されています。
導入するのは会社のほうなので、子育てママは時短勤務がOKなところを選ぶということになります。

在宅勤務、これはリモートワークと呼ばれるものです。言葉通りの意味では「遠隔で働くこと」になります。
ャットやテレビ電話を活用して、会社の仕事をすることになります。

このリモートワークは、日本の企業ではまだ導入率が低いようです。
現実的には、ちゃんと仕事をしているか、サボっているか、わからないからと言われています。
なかなか、むずかしいですね。

もう1つ推奨されている「子連れ出勤」は、反対の声が多いです。
定着するかどうかは、微妙なところです。
どこかの議員さんが問題になっていましたね。

子育てママが上手に両立させるには、
会社の人たちとのコミュニケーションをしっかりと取ることに尽きますね。

時短勤務で働いているママさんの様子では、仕事でミスをしない、
作業効率をアップする、約束した期日を守る、
そのようなあたりまえのことを徹底することで、
周囲のメンバーとコミュニケーションを取りやすい雰囲気を作っているようです。

まとめ

パワハラを訴えるかどうかは、それほどの価値があるかのかを冷静に考えてみてください。
その職場にこだわらないことで、「子育てをしながら働きやすい」環境を選ぶ方法もあります。

社内託児所がある会社や短時間正社員制度を導入している会社など、
子育てママのあなたが働きや職場を探してみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑