お中元っていつ頃に贈るものなの? 残暑見舞いって一体何?

公開日:  最終更新日:2019/05/30

夏が近づいてくると、お中元はどうしようかなと考えるという人も多いですよね。

誰にどんなものを贈ろうかという事を悩むかと思うんですが、

お中元って贈る時期が決められているのを知っていますか?

その、お中元を贈る時期って地域によって差があるんですよ!

そして、お中元とは別に残暑見舞いというものもあるんです。

この残暑見舞いとは、お中元と何が違うんでしょうか?

スポンサードリンク
.

お中元を渡す時期って一体いつ?地域によって違うって本当?

・北海道

北海道は、旧盆の時期の7月15日から8月15日にお中元を贈ります。

・東北・関東

東北と関東では、7月初旬頃から7月15日までと

他の地域に比べると早くて短い期間にお中元を贈るんです。

・北陸

北陸地方では、7月初旬から7月15日に贈る地域と

7月15日から8月15日に贈る地域とあります。

・東海・関西・中国・四国

これらの地域では、7月15日から8月15日に贈ります。

・九州

九州では8月1日から8月15日に贈ります。

ほかの地域に比べると、遅い時期で短い期間ですね。

東北・関東とは1ヶ月も差があります!

・沖縄

旧暦の7月15日までに贈ります。

スポンサードリンク

この、旧暦の日付というのは年によって違うので

毎年しっかりと確認するようにしましょう。

このように、地域によって贈る時期も期間も様々なんですね。

ただ、最近では関東地方の時期に合わせて7月初旬頃から

お中元を贈ることが増えてきたんです。

そして、配送することが増えてきており、

お中元の時期には、宅配業者がとても混雑するため

相手方に到着するのが予定よりも遅れてしまう可能性もあるんですね。

遅れてしまわないように、早めに贈るという人も増えてきています。

残暑見舞いってお中元とは違うの?いつ贈るものなの?

お中元とは別に、残暑見舞いというものを受け取ったことがある

という人もいるかもしれません。

この、残暑見舞いというのは

夏の時期にお中元のように贈り物をするんですが、

送る時期がお中元とは違うんですよ。

残暑というのは暦上、立秋以降のことを言います。

それが8月7~8日頃なんですが、

これ以降に贈り物をする時にはお中元ではなく残暑見舞いとなるんです。

立秋以降といっても、いつまで?と思いますよね。

一般的には8月いっぱいと言われているんですよ。

お中元を受け取ってから手配をする、という時には

お中元の期間に相手方に届かないという事もあります。

そういった時には残暑見舞いとなるので注意してくださいね。

まとめ

お中元は、自分が住んでいる地域ではなく

贈る相手の地域の時期に合わせて贈るので注意してくださいね!

配達遅延などもあるので、

できるだけ早めに手配するようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑