フラワーフェスティバルテーマ曲「花ぐるま」とは一体・・・?歌に関する歴史は

公開日:  最終更新日:2020/04/25

花の祭典で人の輪を広げ、平和を喜び合い、その尊さを世界へ伝えよう-。

そんなフラワーフェスティバルの心を伝えている「花ぐるま」は1977年に誕生しました。 その「花ぐるま」は現在でも継承されています。

現在では「花ぐるま」の他に、「フラワー音頭」、「花の想い」、「花たちの扉」と数多くの歌が存在しています。

スポンサードリンク
.

人のつながりと平和を願う・・・フラワーフェスティバルテーマ曲「花ぐるま」に込めた想い

フラワーフェスティバルには8.6のお祈りの場「静」。

そして、この緑が目吹き、花が咲きほころぶ5月に花のお祭りとして「動」。

『ひろしま』から『世界』へ。花ぐるまのように平和の輪が広がり

繋がるようにといゆ想いいが込められています。

フラワーフェスティバルの歴史を紐解く☆テーマ曲を歌い継ぐ歴代フラワー歌手一覧

1977~2005年まではフラワー歌手が1組呼ばれていました。

2006年以降ではFFスペシャルゲストが呼ばれ、メインステージで歌を披露しています。

 第1回(1977年):佐良直美

 第2回(1978年):佐良直美

 第3回(1979年):芹洋子

 第4回(1980年):芹洋子

 第5回(1981年):桜田淳子

スポンサードリンク

 第6回(1982年):石川ひとみ

 第7回(1983年):榊原郁恵

 第8回(1984年):石川秀美

 第9回(1985年):芹洋子

 第10回(1986年):ジュディ・オング

 第11回(1987年):中山美穂

 第12回(1988年):早見優

 第13回(1989年):酒井法子

 第14回(1990年):西村知美

 第15回(1991年):坂本冬美

 第16回(1992年):田村英里子

 第17回(1993年):かとうれいこ

 第18回(1994年):オユンナ

 第19回(1995年):マルシア

 第20回(1996年):鈴木蘭々

 第21回(1997年):早坂好恵

 第22回(1998年):キム・ヨンジャ

 第23回(1999年):西田ひかる

 第24回(2000年):遠藤久美子

 第25回(2001年):酒井美紀

 第26回(2002年):島崎和歌子

 第27回(2003年):島谷ひとみ

 第28回(2004年):ソニン

 第29回(2005年):神園さやか

 第30回(2006年):MAX、長洲小力&HINOIチーム

 第31回(2007年):秋山雅史、上原多香子、ユンナ

 第32回(2008年):川嶋あい、中孝介、東京ディズニーリゾートからやってきた仲間たち

 第33回(2009年):ジェロ、水森かおり、横田神楽団

 第34回(2010年):三倉茉奈・佳奈、ベッキー♪#

 第35回(2011年):Perfume、為末大

 第36回(2012年):奥田民生

 第37回(2013年):BENI

 第38回(2014年):一青窈、二階堂和美

 第39回(2015年):夏川りみ、加藤登紀子

 第40回(2016年):平原綾香、芹洋子、岸谷香、モーリス・グリーン

 第41回(2017年):八神純子、大瀬戸千嶋

 第42回(2018年):Little Glee Monster、まなみのりさ

 第43回(2019年):STU48

2020年はコロナの影響で中止のため2021年の開催時に行ってみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑