小さな変化を見逃さない!咳喘息とは?どうして子供がよくかかる?

公開日: 

突然ですが、みなさんは「咳喘息」とは何かご存知ですか?

喘息、気管支喘息などの言葉は耳にしたことがある人も多いと思います。

この「咳喘息」とは特に子どもがかかりやすい病気で、悩まされている

保護者の方も多いと思います。この記事では咳喘息の原因や症状について

説明していきます。

スポンサードリンク
.

ハウスダストやダニ!咳喘息とはアレルギーの影響が大きかった!

咳喘息は、主にハウスダストやダニ、カビ、たばこの煙など、アレルギーが

原因で起こるものです。花粉の季節にだけ起こる場合や、

空気の変化、運動、ストレスなどが原因で起こる場合もあります。

気管支喘息の初期症状と考えらえています。

ではこの咳喘息の症状とはどのようなものなのでしょうか?

いざというときに慌てない子供の咳喘息とは?どんな症状が出る?

咳喘息の症状は数週間、乾いた咳が続きます。

「乾いた咳」というのがポイントで、ここで「ゼーゼー」「ヒューヒュー」のような

咳をしている場合は気管支喘息の可能性があるため注意が必要です。

スポンサードリンク

夜間から明け方にかけて咳がひどくなる場合や、運動時など刺激に対して咳が

ひどくなる場合もあります。

ではお子さんがもしこのような咳をしている場合、どのように対応すれば

いいのか悩んでしまいますよね。

特に夜間や明け方に子どもが咳をして眠れない場合、保護者の方も

寝不足になり辛い日々になってしまいます。

でもきちんと治療法があるのでこれさえ知っておけば慌てる必要はありません。

しかし何もせず放っておくと約3割程度の人が気管支喘息に移行してしまうため

早期発見し、対応することが重要です。

気道が炎症している状態なので、風邪薬や抗生物質では効かなくなって

しまいます。気道の炎症を抑えないことには何度も再発していまいます。

咳喘息の治療は、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬を投薬し、気管支喘息へ

移行しないようにします。

咳が続くようであれば早めに病院を受診することをオススメします。

まとめ

咳喘息の原因:

ハウスダストやダニ、カビ、たばこの煙、花粉、空気の変化などのアレルギー

咳喘息の症状:

乾いた咳が数週間続く、夜間や明け方に多い

咳喘息の治療:

病院を受診し、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬を投薬

いかがでしたか?お子さんが原因の分からない咳をしていたら

悩んでしまうと思います。是非参考にして頂き、病院を受診してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑