癒しを求めるあなたへ…枯山水を京都で楽しもう!おすすめのお寺ご紹介

公開日:  最終更新日:2021/03/24

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心や体が疲れてくると、自然と癒しを求めてきますよね。

人によって癒しというものは違いますが京都での日本の文化に触れて癒されてみるのはいかがですか?

 

日本の文化を代表するものの一つとして日本庭園があります。

その中でも特に有名な様式の一つが「枯山水」です。

 

「枯山水」は静けさや穏やかさからその美しさを表現し、眺めているだけで心を浄化して癒してくれるような気持ちになります。

 

今回は、そんな癒しを与えてくれる「枯山水」を京都で楽しめるおすすめの名所や有名スポットから穴場スポットまでご紹介します。

 

スポンサードリンク
.

今だからこそゆっくり見れる?枯山水の京都の名所・有名スポット3選!

せっかく京都に訪れたなら「枯山水」の名所・有名スポットは押さえておきたいですよね。

ここでは「枯山水」の名所・有名スポットをご紹介します。

 

 

龍安寺

住所 〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

拝観時間 3月1日〜11月30日 8:00〜17:00

     12月1日〜2月末日 8:30〜16:30

拝観料 大人・高校生 500円 小・中学生 300円

 

みなさんが「枯山水」と聞いて一番に思い描く庭園はおそらく瀧安寺の「枯山水」ではないでしょうか?

白砂に並べられた15個の石の庭はとても有名です。

真如堂(真正極楽寺)

住所 京都府京都市左京区浄土寺真如町82

開園時間 午前9時〜午後4時(入園は午後3時45分まで)

入園料 大人500円

    高校生300円

    中学生200円

 

お釈迦様の最期をモチーフに作られた「涅槃の庭(ねはんのにわ)」はお釈迦様が横になりその周りを弟子たちが囲む様子が見立ててあり有名な枯山水です。

また、モダンなデザインでの造られてる三井家の家紋をモチーフに造られた「随縁の庭(ずいえんのにわ)」は斬新で興味深い枯山水となっています。

 

 

 

西芳寺(苔寺)

住所 京都府京都市西京区松尾神々谷町56

スポンサードリンク

開園時間7〜9月は午前10時開門それ以外は午後13時開門

入園料 参拝冥加料3000円以上(小学生以下の参拝不可)

 

日本初の作庭家、夢窓疎石(むそう そせき)によって衰えていた寺を復興させたと言われています。

平成6年には世界遺産に登録された貴重なお寺の庭園です。

昭和3年頃から庭園の一般公開が始まりましたが、観光ブームによる苔の荒れから昭和52年より事前予約制となり1日1回の公開となってしまいました。

美しい苔と岩の庭園は予約してでも見たい枯山水です。

 

 

 

 

枯山水を一人でゆっくり楽しみたい!京都でおすすめの穴場スポット

一人でゆっくりと枯山水に癒されたい!という方におすすめの穴場スポット3選をご紹介します。

法輪寺庭園(だるま寺)

住所 〒602-8366 京都府京都市上京区行衛町457

拝観時間 午前9時〜16時30分

拝観料 300円

 

約8000体ものだるまさんが所蔵されている本堂の奥に、「庭司観音」の4代目奥田龍司さんにより造られた枯山水「十牛の庭」「無尽庭」があります。

石組で表現された「十牛の庭」と苔で表現された「無尽庭」は一体感があり、その美しさは疲れた心を癒してくれます。

 

 

 

東福寺(一華院庭園)

住所 〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目800

拝観時間 午前10時〜午後16時(受付終了)

拝観料 大人400円 小人300円(小・中学生)

 

通常非公開の庭園ですが秋に特別拝観が行われます。

現代の枯山水庭園から構成される「四神の庭」は樹木や石でそれぞれ四神が表現されており幻想的な枯山水を楽しむことができます。

 

 

正伝寺庭園

住所 〒603-8847 京都府京都市北区西賀茂北鎮守菴町72075−491−3259

拝観時間 午前9時〜午後17時

拝観料 大人400円 高校生400円 中学生300円 小学生200円

 

白砂とサツキの刈り込みだけのシンプルな枯山水は「獅子の子渡しの庭」が表現されており、シンプルだからこそ季節の木々や花が美しく映え目でも心でも楽しむことができます。

また、俳優で歌手のデヴィッド・ボウイに愛されたことでも有名です。

 

 

 

まとめ

 

今回は癒しを与えてくれる京都の枯山水の有名スポットから、一人でも楽しめる枯山水穴場スポットまでご紹介しました。

通常公開されていないところや、事前予約が必要なところもあるので訪れる際は事前に確認することをお勧めします。

京都に訪れた際は、是非枯山水を眺めて癒されてみてください。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑