完全ガイド育休手当の基礎どこから?いつ?いくら?すっきり解決

公開日: 

めでたく妊娠し、産休や育休を考えている方へ。

でも実際育休手当っていつ、どうやって、どんなタイミングで申請したらいいの・・?

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では育休を取るタイミングなど、育休について詳しく解説していきます!

スポンサードリンク
.

申請のタイミングで異なる…育休手当はいつからもらえる?

育休手当は、「育児休業給付金」と言われ、支給日は原則2か月に1回となっています。

では申請のタイミングについてです。

出産から8週間は産休期間ということになりますので、産休後から育休となります。

育休手当の申請は産休に入る1か月前までに済ませましょう。

職場が申請をしてくれる場合もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

例えば3月5日に出産した場合、4月30日までが産休期間となります。

育休は5月1日からとなり、初回の支給期間は5月1日~6月30日となります。

この期間の申請は7月1日~9月1日の間に行いましょう。

2回目の支給期間は、7月1日~8月31日までとなります。

スポンサードリンク

この期間の申請は9月1日~11月1日の間に行いましょう。

以上が育休手当申請のタイミングです!

期限を逃してしまうと手当が支給されない場合もあるため

しっかりと確認しておきましょう。

育休手当はいつまでもらえる?復帰タイミングのベストとは

育休は原則子どもが1歳になる前日まで、育休を取り給料を貰っていない

期間に対して支給されます。

ただし例外もあります。

父ともに育休を取っている場合、子どもが1歳2か月になる前日まで

支給されます。

また保育園等の空きがなく入れない場合、最大2歳になる前日まで

育休手当の期間を延長することができます。

また養育者の死亡や病気など、なんらかの理由で養育が困難になった場合、

子どもが2歳になる前日まで延長することができます。

では育休を経て仕事復帰をするタイミングはいつがベストなのでしょうか。

ネット上の意見を参考にすると、子どもが1歳になるまで、1歳6か月になるまで

育休を取る人の割合が多いようです!

なかには3か月や半年で仕事復帰される人もいます。

タイミングは人それぞれですので、ご自身の状況を考慮し

ベストなタイミングで復帰してくださいね。

いかがでしたか?育休手当の取り方について

少しでも参考にして頂けると幸いです。

これから出産を控えている方は無理をせず

ゆっくり過ごしてくださいね(^^)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑