日頃の感謝を花に込めて…母の日の贈り物は花言葉で選びませんか?

公開日: 

さて、早速ですが問題です。

今年の母の日は何月何日でしょうか?

答えは、5月10日の日曜日です。

口ではなかなか伝えられない感謝の気持ちを花に変えて贈る。

とても素敵な風習ですよね。

母の日といえばカーネーションを贈るイメージがあります。

ただ、毎年同じカーネーションをあげてもなぁ。

なんて思ったことはありませんか?

花には種類や色によって、それぞれ花言葉というものがあります。

例えば赤色のカーネーションだと「母への愛」を、

ピンク色のカーネーションだと「感謝」を表しています。

そんな花言葉から贈りたい花を探してみてはいかがでしょうか。 

スポンサードリンク
.

花言葉が素敵な母の日に贈りたい花の種類

バラ

まずはプレゼントの定番、バラです。

赤色は「愛」を、ピンク色は「感銘」を表します。

また、バラは少し特殊で、送る本数によっても

大きく意味が変わってきます。

母の日に最適なのは11本の花束でしょう。

11本は「感謝の気持ちを込めて」という意味があります。

紫陽花(あじさい)

近年ではカーネーションに次ぐ母の日の定番となっている

紫陽花ですが、「家族の結びつき」や、「元気な女性」

といった花言葉があります。

梅雨のジメジメした時期に明るく咲く紫陽花は

プレゼントに最適かもしれません。

胡蝶蘭(こちょうらん)

胡蝶蘭は蝶が舞うような花が咲くことから名付けられた花です。

上品で清潔感のある花で、すべての色に共通して

「幸せが飛んでくる」と言った花言葉があります。

スポンサードリンク

ダリア

大きく咲き誇るダリアの白色は「感謝」、「豊かな愛情」

と言った意味があります。

開花の時期は6月からのため1ヶ月ずれてしまいますが、

まさに母の日ぴったりの花言葉です。

チューリップ

4月に最盛期を誇る可愛らしいチューリップには全般的に

 「思いやり」という花言葉があります。

もちろんそれぞれの色にも意味があり、いずれも愛の言葉と

なっています。

芍薬(しゃくやく)

芍薬は「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と

いうことわざにあるように、女性を形容する上でこの上ない

褒め言葉として使われる花です。

そんな芍薬の花言葉は「はにかみ」や、「思いやり」、

「必ずくる幸せ」なんてものもあります。

かすみ草

かすみ草は小さな花がいくつも咲く控えめなお花です。

他の花と組み合わせるにも相性が良く、かすみ草があるだけで

まとまって見せることもできます。

そんなかすみ草の花言葉ですが、「感謝」や、「幸福」

といったものがあります。

どの花も素敵で、悩んでしまいますよね。

ただ、今挙げた花も色によってはプレゼントに向かない

花言葉もあるので気をつけてくださいね。

渡す形の多様性

私はいつも母にお花をプレゼントする時、お花屋さんでミニブーケに

してもらってから直接手渡していました。

でもある日、店員さんに鉢植えを勧められました。

花が好きな方だったら手をかけた分長く綺麗に咲き誇る鉢植えは

より喜ぶのでは、との事でした。

盲点というか、目から鱗というか。

お花屋さんでも鉢植えや寄せ植えなどでたくさんの種類をご用意

されてるみたいです。

最近はネットでもたくさん出ているようで、見ているだけでとても

楽しくなってきます。

まとめ

今年はコロナの影響で外に出るのを自粛している最中なので、

母の日当日に会いに行くのは難しそうですね。

少し時期をずらして母の笑顔を思い浮かべながら花の種類、色を選び、

鉢を持って実家を訪ねてみようと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑