ハロウィンかぼちゃとパンプキンパイ

公開日: 

こんにちは。もりくまです。

最近、クリスマス以上の盛り上がりを見せているハロウィン。

そのハロウィンの代名詞ともいえる飾り。
カボチャの飾り付け。ジャック・オ・ランタンについてご紹介します。

スポンサードリンク
.

ハロウィンのカボチャの飾りって何

ハロウィンの季節になると飾られる怖い顔をしたカボチャ。

名前は“ジャック・オ・ランタン”

悪霊を祓い良い霊を導くハロウィンには欠かせない提灯のようなものです。

日本ではカボチャで知られるこの飾りですがこれはアメリカに
移民したアイルランド人がハロウィンを伝えたときに
あまりかで生産量が多かったカボチャを使用したためで
伝統的にハロウィンが行われるスコットランドなどでは
カブを用いるのだそうです。

ジャック・オ・ランタン

作り方としては簡単で

1)まず、底の皮を切り取ります。(ろうそく立てとして使うので取っておいてください)

2)スプーンなどで内容物を掻き出します。

3)カボチャに顔を描きナイフでくりぬきます。

スポンサードリンク

4)1)で切り取った皮にろうそくの土台を作りろうそくを立てます。

5)ろうそくを立てた土台に顔をかぶせれば完成です。

底の皮を切り抜く時は後でうまくはまるように切り取ってください。

また、ろうそくは倒れたりしないようにおいてください。

生ものですので日持ちはしません。必要な日に向け逆算して作りましょう。

ジャック・オ・ランタンとパンプキン

パンプキンパイやパンプキンスープなど英語でカボチャの総称が
パンプキンなのかと思っていましたが実際には違うようです。

パンプキンとはハロウィンようのかぼちゃで
食用の物とは皮の固さや色など全くちがいます。

パンプキンとはハロウィンかぼちゃを作るための品種で
アメリカへ行ってパンプキンスープとかいうと「?」な
顔をされるかも知れませんね。

また、くりぬいた中身は食べられるものと食べられないものがあるようなので
お買い求めのはご注意ください。

まとめ

自分で作ったハロウィンかぼちゃにろうそくをともして過ごす
夜もすてきな気分になれるかも。

どうぞ、挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑