home /生活 /ジムのインストラクターってどうなる?気になる年収とは?

ジムのインストラクターってどうなる?気になる年収とは?

公開日:  最終更新日:2021/05/18

ジムのインストラクターって何歳くらいまで働けるのか気になりますよね。

将来性はあるのか?定年はあるのか?求められる年齢は何歳くらいまでなのか?

 

これからジムのインストラクターを目指す人にとっては気になるところだと思います。

 

高齢化社会や美容・健康志向が高まる今、ジムのインストラクターは需要がどんどん伸びているといわれています。

高齢者の体力維持や健康維持のためにジムインストラクターは必要な存在となってくるからです。

 

また、美容・健康志向がますます強くなるとジムを利用する人も増えてきますよね。

 

今回はジムのインストラクターについて

 

・ジムのインストラクターって儲かるの?気になる年収とは?

・ジムでかっこよく決まるウェア!メンズへおすすめのコーデとは

・ジムのインストラクターに必要な資格とは?

 

についてまとめましたのでご紹介します。

スポンサードリンク
.

ジムのインストラクターって儲かるの?気になる年収とは?

 

ジムのインストラクターの年収は雇用形態にもよってかわりますが、フリーで契約しているインストラクターであれば1レッスンの報酬にもよりますが、だいたい月収18万円くらいといわれています。

 

大手のジムなどに就職するとボーナスがあったり、月給であったりと会社員なみの給料といわれています。

 

店長クラスや人気のフリーインストラクターになれば収入の大幅アップも期待できますよ。

 

 

 

ジムでかっこよく決まるウェア!メンズへおすすめのコーデとは

 

最近ではトレーニングウェアもおしゃれなものが多いですよね。

ここではジムでかっこよく決まるメンズへおすすめのトレーニングウェアコーデをご紹介します。

 

 

・セットアップコーデ

・ノースリーブ×ラインパンツコーデ

・Tシャツ×スウェットパンツコーデ

 

 

セットアップコーデ

 

上下セットアップのコーデはそれだけでおしゃれに見えますよね♪

インナーの替えを持って行っておけば行き帰りもこのコーデでOK。

 

 

ノースリーブ×ランパンツコーデ

スポンサードリンク

 

腕の筋肉が美しく見えるノースリーブは1枚でかっこよく決まりますよね。

ラインパンツを合わせることで足を長く見せる効果もありおすすめです。

 

 

Tシャツ×スウェットパンツコーデ

 

シンプルなTシャツにすこしダボっとしたスウェットパンツを合わせることでスタイルをよくみせてくれます。

シンプルだからこそおしゃれに見えるコーデです。

 

 

トレーニングは大量の汗をかきます。

かならず、インナーの替えであったり、トレーニングウェアとは別の服を用意しておきましょう。

 

トレーニングウェアは最近ではスポーツ店のほかにもユニクロやGUでもおしゃれなトレーニングウェアを販売していますよ♪

 

 

ジムのインストラクターに必要な資格とは?

 

ジムのインストラクターになるために必ず取得しておかなければならない資格というのはありません。

大手の会社では独自にインストラクターの資格を作っている会社もあるようです。

 

しかし、ジムのインストラクターになるうえで取得しておくと就職などに有利に働く資格もあります。

 

・健康運動実践指導者

・NSCA認定パーソナルトレーナー

・JATI認定トレーニング指導者資格

 

健康運動実践指導者

 

インストラクターにとって関連性の高い資格です。

主催は公益財団法人健康・体力づくり事業財団で講習や養成校で養成講座を受講したのち、認定試験を受験します。

筆記、実技共にあり、健康づくりを目的とした運動指導をするために必要な資格です。

 

 

NSCA認定パーソナルトレーナー

 

国際資格ですが、日本語での受験が可能です。

医学的や生理学的専門知識が問われる資格です。

フリー契約や個人レッスンなどを行うインストラクターは持っておけば指導の幅も広がり有利になる資格です。

 

 

JATI認定トレーニング指導者資格

 

特別非営利活動法人日本トレーニング指導者協会が主催している認定資格です。

協会の養成機関として認定されている学校で受験資格を得ることがおおいです。

 

運動指導に関する幅広い基礎知識を身に着けることができる資格です。

 

 

 

まとめ

 

今回はジムインストラクターの年収や持っておくといい資格、トレーニングウェアコーデについてご紹介しました。

 

これからインストラクターを目指す方はどの分野のインストラクターになりたいのか、雇用形態はどのような形で働きたいのかを明確にして取得する資格も選ぶといいですね。

 

今回ご紹介したことを是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑